1 名前:依頼(SB-iPhone)[] 投稿日:2011/11/20(日) 10:20:24.04 ID:HnqWz56b0 BE:1749630555-PLT(12000) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/16_1.gif  
  サポーター怒声…J1山形が惨敗で最下位転落  
   
   サッカーJ1・モンテディオ山形は19日、天童市のNDソフトスタジアム山形で、ともにJ2降格が決まっているアビスパ福岡と対戦し、  
  0―5で惨敗。今季初の最下位に転落した。通算成績は5勝21敗6分け。  
   
   ふがいない戦いぶりに、試合終了後のスタンドでは罵声が飛び交い、「山形に愛の無い選手は去れ」と書かれた横断幕が  
  掲げられるなど、サポーターの怒りはしばらく収まらなかった。  
           ◇  
   モンテディオはこの日、試合開始2分で福岡に先制されると、11分にもイージーミスから失点。  
   その後も焦りから攻撃の形を作れず、結局、前半だけで0―3と大きなハンデを背負った。  
   
   ハーフタイムに、小林伸二監督が「冷静に連動してボールを動かそう」とアドバイスを送ると、58分、コーナーキックから決定的な  
  場面を作ったが、得点には至らず。逆に、不用意なパスなどのすきを突かれ、試合終了間際に、さらに2点を奪われた。  
   ゴール裏のサポーターからは大ブーイングが巻き起こった。  
   
   小林監督は、試合終了後の記者会見で、「悔しくて涙を出している選手もいるし、いい加減な準備をしている訳ではないが、  
  なかなか答えが出ない」と、出口の見えない現状に沈痛な面持ち。MF山崎は「チームがちぐはぐで、チャンスは作っているが最後が  
  雑になっている」と、力無く振り返った。  
   
  つづく  
  http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/news/20111120-OYT1T00217.htm  
 
  続きを読む